サクソフォニストまりぇKの亀更新日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
*2013*
 あけてしまいましたあけましておめでとうございます(笑)

相変わらず放置プレイです。(笑)
何でもかんでも事後報告になってしまい申し訳ありません

なんとなーく去年を振り返ります(笑)

とにかく2012年は全力疾走な一年でした。

マスランカ、ファジィバード、リサイタルでやったドゥメルスマン、デクリュック、リュエフ、ロジャース、ダール、
伴奏とやったのはざっとこのくらいですかね…

とにかくリサイタルを開いたことが大きかったです。
こんな大曲ばっかを同時進行でさらっていき…当たり前ですが一日で全部披露して…
知らないうちにストレスも溜まっていたらしく、本気で胃袋がやられ(笑)ご飯が食べれず(笑)
終わったら嘘のように食べれるようになりました(笑)半年も引きずってたみたいです(笑)
本当に高校時代からは想像できない貴重な体験をさせていただきました。リサイタル試験というのは2012年で制度がまた変わったものなのですが、年度終わりに先生の推薦印、リサイタルのプログラム60分以上90分未満の曲目をすべて決め記入し、私の場合管打楽器部会での教授会にて認められたものに与えられる試験です。今回は私含めて三人が試験を受ける権利を獲得しました。


というわけでプレッシャーもすごかったです。至る所に私の顔写真が…(笑)
大学の先生方のロッカーにも私のチラシが…しかも全員に(!)

そしてまぁ、無事に合格できたのですが(汗)

私の中でもすごく成長できた出来事で、今回のリサイタルは成功と自分の中でも言えるくらいなのですが、、それ以上に刺激を受けた出来事も多く、、

自分がやりたいことはなんだろうと考えるようになりました。

サックスのレパートリーが大好きで、リサイタルもすべてオリジナルをとりあげました。
その間にも何人かのリサイタルを聴きに行き、こんな楽しい音楽があるのかと、反省しました。
お客さんがいてこその音楽家、お客さんを楽しませるのが音楽家であるのです。
同時に音楽家はその分、苦しまないと本当の楽しませる音楽へたどり着けないのだと実感しました。
たくさん悩んで、失敗して、経験を積まないとあんな演奏会できないと思いました。
私は今年で大学を卒業しますが、引き続きクラシカルサクソフォンの勉強を続けます。やるからにはオンリーワンを目指したいと思ってます。やりたいことを明確にするには何十年もかかってしまうかもしれませんが、つくづく厳しい世界に来てしまったと実感しますが、頑張ってみようと思います。
そんなことをこの歳で気づかせてくれたことに、私は本当に周りに恵まれているのだと感じました。
大好きなサックスを演奏できること、大好きなみんなと一緒にいれることに感謝し、尊敬し、自分も尊敬してもらえるような存在になれるよう、2013年も頑張ってまいりたいと思います。
雑記ばっかになってしまいましたが(笑)2013年もよろしくお願いいたします
*Life comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://marie-k-sx.jugem.jp/trackback/87
<< NEW | TOP | OLD>>