サクソフォニストまりぇKの亀更新日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
フランス留学
遅すぎですよねごめんなさい笑

無事、フランスで生活しております。

前回書いたキャンパスフランスの面接も終え、申請書も提出しビザが下り、現在に至ります。

まぁ大変でしたよ…笑

やっぱり去年とも条件が変わってしまってました。

ちゃんと地球の歩き方の助言通り、大使館のホームページ通りに書類を用意しました。完璧でした。申請書類のチェックも何も突っ込まれないで5分で申請は終わりました。
本当だったら6月半ばにはビザが下りてるはずでした。

しかし突然gmail…。

音大出たのに語学学校のビザでするのはなぜか→音楽院入学前にフランス語を勉強しておきたい←(願書があれば申請できる)テスト用ビザでいいのでは?→9月に現地でないと入手できないから無理

だったのに…

音楽院を受けるという証明を送りなさい

ぇえ…。

いや焦りました。色んな人にヘルプ求めました。もう行けなくなるかもとか思った…。実はサクソフォーン新人のあと上野学園の中谷くんと意気投合し演奏会を企画してて、渡仏二日前に演奏会やったんです。(またこのことは次の記事で。)演奏会に集中できるかと思ったのに…
最終的にはフルモー先生にメールし、教えていただいたアドレスに送りPDFデータとしていただくことが出来ました(;_;)神様。でもこの時点で渡仏の週になってました。

大使館に直接行き追加書類を提出、窓口で色々説明しなんとか下ろします宣言はいただきとりあえず退散。演奏会当日にパスポートを取りに行ったらまだされてなく…。結果的に煽る結果となり退散。なんと渡仏前日にビザが下りました…。なんなんだもう…。

私でこんななんでおそらくこれから先音楽院の証明がないと学生ビザは下りないんじゃないかと思います…。そんな厳しくしてどうすんのって感じ…。

ドッタバタでこっちに来ました。実感もわかずに…。

ですが今更になってものすごく寂しいです。語学学校通ってますが早く音楽院入りたい…。音楽の勉強したいです。今先生方も日本なのでレッスンもありません。
果たして来て良かったのかさえ感じてます。ですがそれは音楽院入れば違うんだろうな…

とりあえずネットが繋げて良かったです。さみしければSNSで連絡とれるから…
ホームステイ先でWiFiのパスを教えていただき使うことが出来てます。ちなみに運のいいことにフランス語ペラペラの日本人もホームステイしてるので通訳してもらってます笑

ですが本当に先が長い…。
入試が10月1日から始まります。それまでフランス語と練習なのですが、やっぱり息詰まる。
どうすれば充実した生活が送れるか試行錯誤中。

いきなり不安ですが留学生活、スタートです。
*留学 comments(0) trackbacks(0)
下半期について
 連続更新です。


このブログがどこまで読まれてるのか正直わからないのですが(笑)自分のためにカテゴリ作って更新していこうと思います。

なんとなーく濁してましたが、でもみんな知ってますが(笑)
私、フランスに留学します。

大学2年あたりから漠然とした夢をリアルに考えるようになってしまい、誰に相談すればいいのかわからず、大学でも波多江先生以外聞いたことないぞという感じでずっと黙ってました。
3年の浜松後?あたりで先生からどうするのか質問されたときに何個か考えてることを言い、最後に留学の話を振りました。

止めるどころか賛同してくださり何かが解き放たれた気持ちでした。

しばらく親には言えなかったのですが。(笑)

卒業してから本格的に動き出してます。

フランス語だけは1月から日仏学院というところに通ってます。

またここで問題が(笑)あまりにも初心者レベルなので直前に行っていきなり音楽院の願書出して住居も探して…

は、無理と判断しました。(笑)



向こうの学校で何年か勉強したい場合は学生ビザが必要です。

近年ころころと条件が変わっており、3カ月分くらいの在学証明書で十分だったのが、去年あたりから6カ月分くらいの証明がないとビザが下りない、というケースが増えているらしいです。3カ月だと下りないかもしれないんですって。

漠然と私はフランス語がしゃべれるようになりたいのと、早く新しい環境になりたいのとで、語学学校に通ってそこから音楽院で勉強したいと考えてたのですが、この判断は妥当みたいです。(語学だけが目的、というのは下りにくい場合があるみたいです)

フランス語が今はしゃべれなくても音楽院の願書もだしてくれて、そのあとビザの手続きもしてくれて、というエージェントもありますが、色々相談に行った結果「地球の歩き方〜成功する留学〜」というところに頼みました。自分で出来ることはサポートはするけどやってみよう、という感じの、自分のためにもなるエージェントだと思います。


さて今日はまずそのビザ申請前の段階のキャンパスフランスというサイトにアカウントを作成しました。
キャンパスフランスに登録しないとビザ申請できません。必要事項を英語かフランス語で記入、面接の予約をしハンコをもらって領事部にビザ申請、という流れです。

そのキャンパスフランスですがまずアカウントを作ることから手こずりました。記入ができないんです。なんとスマホでアクセスしたら出来たのですが、その後の細かい記入ができず連休中は質問もできずもやもやしてました…

今日電話してみると、ファイヤーフォックスでアクセスしてみてくださいとのことだったので早速インストール。記入できましたあのもやもやは一体…(笑)インターネットエクスプローラーだとエラーになる確率が高いらしいです。ご参考に。?

そんなこんなであたふたと留学準備進めてます。ます語学学校のビザで行くため7月1日から6カ月分の入学許可証もゲット(これは地球の歩き方がやってくださいました)、また滞在許可証も必要なため語学学校が用意してくださった楽器練習可のホームステイ先も手配、許可証もゲット、あとはキャンパスフランスで最後の記入して振り込み、面接の予約、ビザ申請
こんなにやることありますが、先ほど書いたとおり7月1日から語学学校が始まります。
それまでに全部やらないと

と、いうことで6月30日にはフランス渡ります。

だらだらと留学奮闘記として更新していきたいと思います

本格的にクラシックサックス奏者になるための勉強したいと思います。

がんばるぞ
*留学 comments(0) trackbacks(0)
近況
 5月6日、サクソフォーン新人演奏会が終わりました

ずっと狭いところで練習したせいなのか、湿気のせいなのか、よくわからないままスランプを迎えた中での本番でした。
会場でリハでさあ通すぞ、と思いチューニングをしようとしたら音が出ない。
リードを変えても音が出ない。

おかしい…さっき控室でたくさん音だししたはずなのに…

原因はコルクがめくれ上がってC4のキィが浮いてました。気づけたのでリハ終わって即効接着剤を買いに行きました。
そしてそんな精神状態なのもあったのかもしれませんが、音色があまりにもひどく、直前リハの前に、マウスピースを前のに戻しました。

Oh...我ながらデンジャラス(笑)

まあ、さすが自称ポジティブ人間(笑)いつも通り、とまではいきませんがなんとか乗り切りました

今日はその前のマウスピースで練習しました。

なんと元に戻りました…(笑)

あのスランプはいったい…(笑)

とにかく、良かったです(笑)
*Saxophone comments(0) trackbacks(0)
色々
もはや日記ではないです菊地です←
みなさんよろしければフェイスブックに移行を…(笑)

さて書かない間に色々なことが終わってしましました(笑)

まず水村君とのデュオコンサート。
石渡先生や中学のとき、高校の時習った先生、尊敬する先輩、後輩に弥栄の仲間、近所の方々、サックス仲間、色んな 方にお越しいただき無事終えることができました。学生ならではの、というようなオリャー!というような演奏でしたが(笑)良い経験になりました。今年度の目標であった、演奏会を1から作り上げる、に関してはたくさん取り組めた気がします。今思うと、ホント好きなことばっかやったな…(笑)という感じ(笑)反省多々、これを活かし次につなげたいと思います。

そのあとはフェスティバル、音大生四重奏の夕べ、今年も出させていただきました!
フェスではソプラニーノ、夕べではデザンクロのソプラノ。

ソプラノはホントに課題だらけ。苦手意識があってそれによってマイナス思考にいく傾向がある。ぅうーん、難しい。でも二楽章最後のサブトーンは最高に上手くいいったので、まだ良かったです(笑)
今度はロベールのテトラフォーンのソプラノをやる予定があるのでまた磨きをかけます!

そしてそして3月13日は東京オペラシティにて望月京さん作曲「キメラ」の日本初演をしてきました。
もうホントによかった。まず共演者が神です。あの場で演奏出来てホントーに幸せでした。声をかけてくださった東京アンサンナブルファクトリーさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
この「キメラ」の出演によりコンテンポラリーに対しての自分の考え方、接し方が変わった気がします。何度も言ってますが、本当に共演者のみなさまのお陰です!!指揮の石川さん、コンテンポラリーを中心に活動なさってるVnの亀井さん。本当に素晴らしい方々で、刺激をもらいました。
コンテンポラリーって、なんだか軽蔑されたり、「ベツモノ」ジャンルとして見らてるかもしれないけど、私は新しい音楽、未来のクラシック音楽、といったらちょっと違うかもしれないけど、そんな風に見てます。キメラによってその思いは強くなり、一度諦めた(実は昔から考えてました)現代音楽の世界も目指していこうかなと思い始めました。この機会がなかったら本当に諦めてました。多分。
現代音楽というのは元をたどれば古典ものにたどり着くけど、やっぱり少し違った世界。本格的に勉強も始めたいと思いました。金曜ソルフェージュで習ったことをもっかい引っ張り出してきたいと思います(汗)


そしてそして卒試でのダールを評価していただき、3月15日は卒業演奏会に出演しました!
怒涛のような3月(笑)でも本当に充実してて、卒演も集中でき、楽しく演奏出来ました!暗譜も飛びませんでした!(笑)

ということで5月にある第10回日本サクソフォーン協会新人演奏会への出演も決まりました。

確か初めて行ったのが高校一年?二年?先輩のべリオを聴き現代音楽とであったのもこのとき、確かダールもいて、イベールをまともに聴いたのもこのとき、トマジはやっぱオーソドックスで被ってて、吹いてないのに覚えられたのもこの新人演奏会(笑)
このときからこの演奏会に出ることは目標でした。だって大学代表、そんな名誉な演奏会に出れたら…
そんな思いで4年間を過ごし、ついに手に入れました。

やっぱりダールです(笑)
お時間ある方はぜひm(__)m
5月6日、ゴールデンウィーク最終日!祝日の15:00開演です。



そしてあっという間に卒業式。
すいません、全然実感ないです(笑)

ただ、今は学校がない、所属のないフリーな立場で正直困惑しています。夏にはまた別の環境ですが、期間限定でフリー奏者です。

浪人時代みたいに今は時間があります、って、本当はそこまで時間ないけど…
この期間自分について考える良い機会です。病みますが。病んだ結果こんな時間にブログ更新です(笑)
乗り越えられるのか不安で押しつぶされそうになるときもありますが、これって、押しつぶすような壁があって、これを乗り越えたらものすごい経験値が上がるのではないか、と、ポジティブに考える…ようにしたいと思います。
ポジティブが取柄で生きてきたつもりでしたが、こう考えようとする時点で実はそんな私が一番ネガティブだということに最近気づきました(遅い)
ま、そんなこんなで新たな発見があったり、一生懸命生きてます(笑)

新年度、去年のように晴れやかな気持ちではないですが、しっかり見つめなおして、これからの人生についても真剣に計画たてていきたいと思いました。
新年度もよろしくお願いいたします。
*Life comments(0) trackbacks(0)
事後報告(汗)
お久しぶりです菊地です(汗)

最近フェイスブックにばっか更新してしまうようになってきちゃいました(笑)
よろしければ申請してくださいね(笑)

さて、年明けから更新してないわけで色々報告ができてません…(笑)

まず!1月12日に行われました、KOBE国際音楽コンクールというものに出たのですが、優秀賞並びに神戸市民文化振興財団賞を受賞することができました!!
びっくりでした。本選のパンフレットを見てみると知り合い知り合い(笑)友達ばっか(笑)
浜松で仲良くなった子とも再会!
あのときは競うなんてことなかったけど、もともと音楽は競うものではないけれども、コンクールという場所。ライバルとしてみれるし、かけがいのない友達にまたこういう場所で再会できて嬉しかったです


本選の前日はホールリハができるということで、東京音大組と一緒ではなく一人夜行バスで前日入りしました!
神戸に着いた途端当たり前ですが知らない土地のためあたふた(笑)

エスカレーター!ホントに逆だ!と思いながら何度も左に寄りそうになりました(笑)

神戸に着いたのが朝だったため荷物だけホテルへ預けて観光!

この際だからぶらぶら歩いて観光しようといったん三宮まで戻り、神戸駅方面へ歩いてみました

2時間も歩き、気づいたらホテルそばまで戻ってきてました(笑)
ハーバーランドをぶらつき、ポートタワーが見え!歩いた距離に驚きました(笑)

本選前日になにやってんだ!てかこのあとホールリハじゃないか!しかもダール!(笑)

とか思いながら、筋肉痛になるのは目に見えてたので痛くなる前に湿布を購入(笑)


そんな前日を過ごし、お陰でぐっすり眠れ(笑)本選を迎えました

1月は卒試もあるので同じ曲のダール。前々から暗譜でやると決めてたのでKOBEはカットバージョンですが暗譜で挑みました!

出来としてはあまりよくありませんでした…途中までいい集中力だったのに最後の最後でハマってしまってた場所で案の定ぐちゃぐちゃ… ですがそれまでの音楽性を評価してくださったみたいです。感謝です。しかも大トリでした(笑)


KOBE終わったと思ったらすぐ卒試でした!

東京音大は一人持ち時間約20分。他の学校は人数も多いし切られるみたいですが東京音大は最後まで吹かしてくれます。
ノーカットバージョンのダールの協奏曲。暗譜。

ずっと前からダールを卒試でやることは考えてました。暗譜もあわよくば…と言う感じでしたが、リサイタル試験でやってたおかげで暗譜はなにも問題なし!20分間集中力が続けば…という
状態でした。

無事、そこまで大きなミスもなく、自分の思った通りを表現することができました!もちろんまだまだだけども、大学四年生の今、感じたものはすべて出し切りました!

この演奏がどう評価されるのかわからなけども、私はダールをここまで詰めれて嬉しかったです!
小串先生にも大変嬉しいお言葉をいただきました。何十年もダールをやる学生の演奏を聴いてる先生からあんなお言葉を…と感無量でした。四年間通い、最初は本当は第一希望ではなかったため病むことが多かったですが、この大学で本当によかったです。今度はここの卒業生として、東京音大サックス科の評価を上げていけるような活躍をしていきたいです。



さて、今月はついに水村君とのデュオリサイタルがあります!!


〜Saxophone and Oboe〜
菊地麻利絵 水村一陽 1st Concert
2月23日(土)
18:30開場 19:00開演
海老名市文化会館
入場料:999円

A.ピアソラ:リベルタンゴ、忘却、鮫
G.プッチーニ:歌劇『トゥーランドット』より、「お聞きください王子様」、「誰も寝てはならぬ」
J.W.カリヴォダ:サロン小品 Op.228
吉松隆:ファジィバードソナタ

J.B.サンジュレー:デュオコンチェルタント Op.55
J.フランセ:オーボエ、ファゴットとピアノのための三重奏曲

ピアノ:大嶋千暁



聞き覚えのある曲から、初めて聴く曲でも好きになって頂けるような選曲をしました!

地元海老名市で演奏できるということでとっても楽しみです!みなさまお待ちしております!
*Saxophone comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/18 | >>